スポンサーサイト  --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロモン諸島  2011年08月11日

                ソロモン諸島   ソロモン(国旗

ソロモン諸島は南太平洋のメラネシアにある島嶼群でる。イギリス連邦の一員にして英連邦王国の一国。
首都はホニアラ(ガダルカナル島)。

ソロモン(map)  

ホニアラ市場
  ホニアラの市場

16世紀にスペイン人探検家がガダルカナル島で砂金を発見し、古代イスラエルの秘宝だと考え「ソロモン諸島」と名付けた。
19世紀にイギリスの植民地となり、第二次世界大戦では、ガダルカナル島が日米の激戦地となっており(「ソロモン諸島の戦い」で山本五十六指揮官率いる大日本帝国軍とアメリカ合衆国との戦い)、1942年には日本軍が占領し、1943年にはアメリカが占領した。
ソロモン諸島の戦い  ソロモン(慰霊巡拝)
    ソロモン諸島の戦い             慰霊巡拝

1976年に自治権を獲得、2年後の1978年にイギリス連邦加盟国かつ英連邦王国として独立した。
1986年にサイクロンに襲われ大被害を受けたことは有名である。

ガダルカナル島では隣のマライタ当からの移住者が増加しつつあり、原住部族との間で土地の領有をめぐって武力による対立が継続しているため自国の警察だけでは対応できなくなり多国籍軍の派遣を要請し、オーストラリアとニュージーランドの軍と警察が出動し治安の回復が図られた。

国家元首はエリザベス二世女王、権限は総督が代行しているが任期5年で女王が任命する。
国会議事堂
   国会議事堂

通貨はソロモン諸島ドルであるが経済格差が大きく、ガダルカナル島の武装勢力の対立が経済を直撃し、現在、国家財政は破綻状態である。

さつまいもの消費が世界一である。
イギリスやインドネシアなどのアジアの影響を受けたと思われる調理法で魚や肉、お米などをゆでたり揚げたりして食べます。ココナッツミルクで煮たさつまいものココナッツ・クマラなど素朴な料理が多い。
soromon.jpg



ガダルカナル島の観光スポット

ダイビング(ガダルカナル島)  ソロモン観光
 

 ダイビングで訪れる観光客も多い
スポンサーサイト

フィジー諸島共和国  2010年10月01日

 フィジー国旗   フィジー諸島共和国   フィジー国章
 
       国旗                                 国章       


フィジー諸島共和国、通称フィジーはオセアニアの国家、首都はビティレブ島のスバ、南太平洋のフィジー諸島に位置する島国である。
フィジーマップ    フィジーマップ2

歴史としては
1874年、イギリスの植民地となる。
1879年、イギリスは1916年まで砂糖のプランテーションのため大勢のインド人労働者をフィジ
ーに移民させる。その多くはフィジーに定住し、フィジー社会を劇的に変化させる事になる。
1970年、英連邦王国として独立。
1987年、ババンドラ首相が政権をとるが、クーデターが起こり10月に共和国宣言をし、イギリ
ス連邦を離脱。
1997年、イギリス連邦に再び加盟。
1999年、チョードリー首相就任。
2000年、ジョージ・スペイド率いる集団が首相を人質に国会議事堂を占拠し、軍が戒厳令を発
令し文民暫定政権が発足する。
2001年、総選挙
2006年、12月にバイニマラマ軍司令官によるクーデター。
2009年、4月9日に高裁が軍事政権を違法と判断。10日にイロイロ大統領が憲法を廃止し、
バイニマラマ軍司令官を暫定首相に就任させた。民政復帰の選挙は2014年まで延期。
2009年、7月28日にイロイロ大統領が健康上の理由から近く退任すると発表。エペリ・ナイラ
ティカウ副大統領が大統領代行に就任へ。

対外的には民主化への対応をめぐってオーストラリアやニュージーランドと対立している。遂には、両国大使のフィジーからの退去を命ずる一方、オーストラリアとニュージーランド政府もフィジー大使の国外退去を命じており、外交関係は重大な局面を迎えている。
このため、近年フィジー軍政は中国との関係を強化している。今や中国人観光客がフィジーを訪れるのは年間1万人にまでになった。このため首都スバ市内には中国人経営の店舗が拡大している。
軍事クーデターや金融危機により海外からの観光客が激減したことで、観光収入が減少した。このため、中国人観光客の流入に期待を賭けている。

また、フィジー各地で中国の援助による建築やインフラ整備が進み、娯楽施設や幹線道路、水力発電所を建設している。
中国がフィジーに援助をする狙いは、豊富な漁業資源の獲得にあると見られている。理由は中国の経済成長により、国内のマグロ消費量が多くなっていることがあげられる。近年、中国の遠洋漁船がスバ港で多く見られるようになり、今では7割の外国船が中国の漁船である。また、フィジー最大の水産企業は中国の国営企業3社で、27隻のマグロ漁船で5分の1のマグロを水揚げしている。この国営企業はフィジー軍政のバイニマラマ首相とも太いパイプがある[4]。

フィジーは農業や衣料、観光で成り立っている。観光で得る収入は2億7000万ドルにのぼっている。

フィージーマナ島 フィジーマナ2 フィジーマナ3 ダイビング ダイビング2

今や、日本国内で旅行をするよりもLCCで格安になったフィージーにハネムーン、
ダイビング、家族旅行には持って来いの国かもしれない。





かばの儀式 メケ・ショウ 火渡りの儀式
     かばの儀式              メケ・ショウ            火渡りの儀式
【株式会社オートギャラクシー公式ホームページへ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。